« 普段通り | トップページ | 写真が届く »

2009年5月 8日 (金)

東京タワー

金曜ロードショー『東京タワー…オカンとボクと、時々、オトン』観ながら飲んで食べてます…
リリーフランキーの同名自伝小説を映画化、まあ簡単にいうと実話を映画化ていうかこの作品…フジの月9でドラマ化やら舞台にもなりましたが…ドラマ化されたのを毎週見てました。たたただ…恥ずかしいからいいや。

« 普段通り | トップページ | 写真が届く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164044/29511310

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー:

» 映画と原作比較「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 [映画制作裏話ブログ]
映画の冒頭は、ボク(オタギリジョー)が病室でベッドに横になったオカン (木樹希林)とともに 窓外の東京タワーを見上げるところから始まっていますが、 その時ボクのモノローグとして流れる背後の言葉は、 原作の始まりと一緒です。 “この話は、東京に弾き飛ばされ故郷に戻ったオトンと、 同じようにやってきて帰るところを失ってしまったボクと、 そして一度もそんな幻想を抱いたこともなかったのに、 東京に連れて来られて、戻る事も帰ることも出来ず、 東京タワーの麓で眠りについた、 ボクの母親のちいさな話です。” ... [続きを読む]

» 映画と原作比較「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 [映画制作裏話ブログ]
映画の冒頭は、ボク(オタギリジョー)が病室でベッドに横になったオカン (木樹希林)とともに 窓外の東京タワーを見上げるところから始まっていますが、 その時ボクのモノローグとして流れる背後の言葉は、 原作の始まりと一緒です。 “この話は、東京に弾き飛ばされ故郷に戻ったオトンと、 同じようにやってきて帰るところを失ってしまったボクと、 そして一度もそんな幻想を抱いたこともなかったのに、 東京に連れて来られて、戻る事も帰ることも出来ず、 東京タワーの麓で眠りについた、 ボクの母親のちいさな話です。” ... [続きを読む]

« 普段通り | トップページ | 写真が届く »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ